【髪の専門家が教える!】正しいシャンプーの方法、知ってますか?

髪ラボ
【髪の専門家が教える!】正しいシャンプーの方法、知ってますか?誰もが憧れる美髪への近道は、毎日のシャンプーにあることをご存知ですか?日々繰り返し行うヘアケアだからこそ、髪の状態を大きく左右するもの。さっぱり汚れを洗い流したいからと言って、無理な力を入れたり、ゴシゴシこすったりするのはNG!髪の専門家が、ツヤのある健康美髪を育むシャンプーのキホンをレクチャーします。

体をあたためる食材って?

①ブラッシングで大きな汚れを落とす
シャンプー前に、やさしくブラッシング。髪に付着したホコリや、大きな汚れを落としましょう。このひと手間が、健康美髪への第1歩!
②予洗い(プレシャワー)で下準備
頭皮にシャワーヘッドをつけて、毛先へと向かって汚れを流していきます。ただ濡らすのではなく、皮脂や汚れを浮かせてやさしく落としていくイメージで。予洗い後は、髪を手のひらで押さえるようにして、毛先に向けて水気を切っておきましょう。
③シャンプー液を作って、頭皮と髪に
シャンプーをそのまま髪につけるのではなく、まずは手のひらでシャンプーとお湯を混ぜて軽く泡立てます。このシャンプー液を頭皮全体につけた後、髪全体につけていきましょう。
④泡立てながらやさしく洗浄
指の腹をつかって、頭皮をマッサージするように洗浄!その後、頭皮と髪をやさしく揉み洗いしていきましょう。爪を立てたり、ゴシゴシこすったり、無理な力を入れないように注意!
⑤すすぎ
シャワーヘッドを頭皮につけて、泡を落としていきます。シャンプー液が残らないよう、根元からしっかりとすすいでいきましょう。
⑥タオルドライ
手のひらで軽く水分を切った後、タオルドライ。髪をポンポンとタオルではさみこむようにして、やさしく水分をとるのがポイント!熱ダメージが気になるドライヤー時間を短縮するために、しっかり行いましょう。

美髪に近づくシャンプーのポイント

①シャンプー剤は軽く泡立てて髪と頭皮に
急いでいたり、疲れている時は、手にシャンプーを取って1カ所にまとめて塗布してしまいがち。髪の毛をゴシゴシ洗いながら泡立てるのは、髪への大きな負担です。また、頭皮が十分に洗えない原因にもなります。軽く泡立てたシャンプー液を、頭皮と髪に少しずつなじませ、全体に行き渡るようにしましょう。
②38~40℃のお湯で洗う
熱すぎるお湯は、頭皮と髪に強い刺激を与えるほか、必要な油分まで洗い流してしまうため乾燥の原因となります。38~40℃のお湯でやさしく洗いましょう。
③すすぎはしっかり
シャンプー剤が頭皮や髪に残っていると、フケ・かゆみ・炎症の原因に。また、髪が触れる顔・首・背中に刺激を与えることもあります。十分すぎるかな、と感じるぐらいを心がけてみましょう。
④必要なときだけ2度洗い
スタイリング剤を使った日や、予洗い・シャンプー後にヘアオイルが髪に残っているなと感じる日は、やさしく2度洗いをしましょう。すっきりしたいからと言って毎日2度洗いを繰り返すと、髪の負担になることも。「必要なときだけ」いつもよりしっかり洗うことが大切です。