【髪の専門家が教える!】ドライヤー時間を短縮するタオルドライで熱ダメージを軽減

髪ラボ
【髪の専門家が教える!】ドライヤー時間を短縮するタオルドライで熱ダメージを軽減洗髪後のタオルドライは、熱ダメージが気になるドライヤーの使用時間を短くし、健康美髪を守る大切なステップ。何気なく水分をタオルでゴシゴシ吸い取っている人も多いかもしれませんが、実は濡れた髪はとてもデリケート!タオルの摩擦や引っぱりに弱くなっています。頭皮・髪の順で"やさしく"吸水していくことを心がけましょう。

タオルドライの手順を見直してみましょう

  • ①髪の水気を軽くきる
洗髪後の髪をいきなりタオルで包むのではなく、まずは手で水を切るところから始めましょう。手のひらで髪を挟むようにして、根元から毛先へ向かって水をきっていきます。
  • ②「頭皮」の水分をドライ
手のひらで髪全体の水分を大まかに切った後は、頭皮の水分をドライ。タオルで頭皮を掴むようにして、マッサージの要領でやさしく吸水していきましょう。水を吸込みやすい生地のタオルや、しっかり乾いたタオルを準備することも、スピーディにドライして、髪と頭皮に負担をかけないポイント。
  • ③「髪」の水分をドライ
最後に髪をタオルドライ。タオルで髪をはさみこむようにして、根元から毛先へ向かって水分を吸いとります。ゴシゴシこすったり、無理な力を入れず、ポンポンとやさしくドライすることを心がけて!何度かに分けて、やさしくドライしていきましょう。

とにかく「やさしく」がポイント!

髪は水で濡れるとやわらかくなるので、摩擦や引っぱりなどに弱くなります。このデリケートな状態の髪を1つにまとめてぎゅっとしぼったり、こすったりするのはダメージの原因に。やさしくまとめて水気を切ったり、タオルで軽く叩くようにタオルドライすることが、美しい髪を守る大切なポイントです!