【ハーブのある毎日】若返りのハーブ?!年齢による肌と髪の悩みを救う「ローズマリー」

ライフスタイル
【ハーブのある毎日】若返りのハーブ?!年齢による肌と髪の悩みを救う「ローズマリー」14世紀のハンガリーに、エリザベートという王妃がいました。実は彼女、70歳を超えてから20代の隣国の王子にプロポーズされたという逸話が残っています。そんな彼女が習慣にしていたのは、ローズマリーのアルコール漬けでの体のケア。肌や髪に若々しいツヤやハリがよみがえり、みるみるうちに健康で美しい体を取り戻したと言われています。

ローズマリーに秘められた「若返り」を叶える魔法

シミやシワなど、女性を悩ませる体のさまざまな老化の原因の1つは、紫外線やストレスによって生じる活性酸素だと言われています。活性酸素は本来ウイルスや細菌などからわたしたちの体を守ってくれるものですが、増え過ぎると体を酸化させ、老化の原因になってしまうのです。そこで活躍するのが、ローズマリーのすぐれた「抗酸化作用」。活性酸素を抑え、エイジングケアに一役かってくれるのです。
※エイジングケアとは、年齢に応じた肌のお手入れです。

その他にも肌&髪にうれしい効果!

ローズマリーの抽出エキスには「収れん作用」があります。これは、気になる毛穴を引き締める力。この力を利用して、脂性肌用の基礎化粧品やケア製品の原料として用いられることもあります。さらに、頭皮の「血行促進」や「炎症抑制」にも期待大。健康な髪の毛を育てるヘアケア、スキャルプケア製品に配合されています。

若返りの魔法「ローズマリー」を育てる

ローズマリーは、ハーブの中でも比較的育てやすいことで知られています。初心者の人はホームセンターなどで手に入る苗をプランターや鉢で育てるのがオススメ。中性〜弱アルカリ性の土を好むので、市販のハーブ用の土を使いましょう。お好みの鉢やプランターの底に鉢底ネットと軽石を敷き、土を3分の1ほどの高さまで入れたら、苗をおき、隙間に土を入れていきます。湿気に弱いので霧吹きなどはせず、風通しのよい場所で育てましょう。