「寝る前5分」でスッキリボディをつくる!食欲の秋こそはじめるゆるストレッチ

ヘルスケア
「寝る前5分」でスッキリボディをつくる!食欲の秋こそはじめるゆるストレッチ食欲の秋!サツマイモ、クリ、ぶどうや梨、さんまに新米…おいしい食材が増えるこの季節は、ついつい食べすぎてしまうことも多いのでは?そんなときには、寝る前たった5分のストレッチがおすすめ。ココロとカラダを「ゆる~く」ほぐすことで、ダイエット効果が期待できるといわれています。

寝る前5分ストレッチの力

ダイエット効果アリ!?
寝る前のストレッチは、血行を改善したり、成長ホルモンの分泌量をアップさせるといわれています。
成長ホルモンは、代謝アップや脂肪の燃焼を助けるホルモン。コツコツ続けることで、痩せやすいカラダへとサポートすることが期待されます。
ココロもカラダもリラックス
寝る前にストレッチを行うと、ココロとカラダがほぐれてよく眠れたり、疲れがとれやすくなるといわれています。またよく眠れると代謝がアップし、ダイエットの大敵にもなるむくみが解消されやすいともいわれます。
寝る前にふとんの上でOK!
眠くなってきたらそのまま眠ってしまってOK!ココロもカラダもリラックスできている、なによりのしるしです。ムリして決まった時間やメニューをこなすより、毎日続けることを大切に。
好きな音楽を流したり、好きなアロマをたいたり、自分がリラックスできる空間でゆる~く行いましょう。

たった5分!ゆるゆるらくちんストレッチメニュー

まずはのびるだけストレッチ
あおむけに寝転び、両手をあげて思いきり体をのばしましょう。そして、心地よいなと感じられるところでストップし、ゆっくりと深呼吸。肩や肩甲骨からふくらはぎまで、ギューっとのばしてほぐすイメージで。
手足ブラブラでむくみバイバイ
デスクワークや立ち仕事で気になる、足のむくみ。あおむけに寝たまま、手足を天井へとあげて、ブラブラ~とゆすります。30秒ほど続けましょう。
ひざを抱えて腰&太ももをゆる~りのばし
あおむけに寝たまま、ひざを抱えて三⾓座りのようなかたちに。腰や太もものうらを心地よ~く伸ばしていきます。腰痛の予防にも◎のストレッチです。
もっと頑張れそうなときには「空中自転車こぎでお腹ひきしめ」
あおむけのまま⾜を天井へむけてあげて、空中で自転車のペダルをこぐように足を動かしましょう。すばやく何度もこぐのではなく、ゆったりとした速さで。お腹の筋肉を使っていることをイメージしながらこぎましょう。
さらに頑張れそうなときは「下っ腹にアプローチ!足上げ下げ」
あおむけに寝転んで、両手はお腹の上に。そして、両足を床から5~10センチほど持ちあげていきます。ひざを曲げずに、ゆっくりと上げ下げしましょう。

やり過ぎはNG!なかなか寝つけない原因に…

ストレッチのやり過ぎや、あまりに激しい動きを続けてしまうと、せっかくお休みモードに⼊入ろうとしたココロとカラダを活動モードに切り替えてしまいます。

これは眠りの質を下げ、翌日まで疲れがのこる原因にも。ゆる~く心地よくを意識して、ムリなく続けていきましょう。

「ゆる~く適度に」で、明日もイキイキと!