【髪の専門家が教える!】ハリ・コシを取り戻したい方必見!見た目印象「-5歳」をめざすかんたんケア

髪ラボ
【髪の専門家が教える!】ハリ・コシを取り戻したい方必見!見た目印象「-5歳」をめざすかんたんケア年齢を重ねるごとに気になってくるのが、髪のハリやコシ、ボリューム。「髪がぺしゃんこで何だかさみしいイメージになっちゃう…」「髪全体がヘナヘナしてきた」「根元からふんわりさせたい!」「スタイリングしてもボリュームが出ない」などの悩みに今日からカンタンにできるケアを専門家が紹介します!

年齢とともに気になる髪のボリューム

年齢とともに髪が細くなってきたかも・・・
加齢による「ヘアサイクルの乱れ」や「女性ホルモンの減少」、「血行不良」は、髪の太さやボリュームなどの影響をもたらすことがあります。
パサつきやオイリーはボリュームダウンのもと
もともとの髪質もハリ・コシの要因の1つ。「パサつきがちな髪質」の人や、「オイリーな髪質」の人は、髪全体が”ぺしゃん”としたシルエットに。思った通りのボリュームが出しにくいことがあります。
ヘアケアもやりすぎはNG
パサつきケアに油分の多すぎるケアアイテムを使ったり、ダメージが気になるからと言ってトリートメントを使いすぎると、髪や頭皮のバランスが乱れて”ぺたん”としたシルエットに。
睡眠不足や食生活の乱れも×
仕事や家事でバタバタして眠るのが夜遅くになったり、ムリなダイエットで食事のバランスが崩れたり、ついついおやつを食べすぎたり、年末年始のイベントでのみすぎが続いたり・・・
生活リズムや食生活のバランスがくずれると、皮脂が多くなるなど、髪の根っこになる頭皮もバランスを崩してしまいます。さらに体の疲れやココロのストレスは、髪をふわっと立たせる「立髪筋(りつもうきん)」を弱らせることも。

めざせ!ハリとコシをGETして見た目印象「-5歳」ケア

ケア1:まずはダメージから守ること
まずはこれ以上のダメージを与えないことがキホン。力まかせにブラッシングしたり、ドライヤーの温風を近づけすぎないなど、小さなつみかさねがハリ・コシを守ります。
ケア2:「タンパク成分」と「適度な油分と水分」を
ハリ・コシの気になる髪は、内部のタンパク質が流出しがち。「ケラチン」や「アミノ酸」が含まれたヘアケアアイテムで、タンパク成分をプラスしましょう。

また、水分や油分を与えてあげることも大切。ケア剤を選ぶ時には、毛髪繊維をつなぎ止める「CMC」という成分に注目。髪にやわらかさをプラスし、乾燥によるダメージを予防することができます。
ケア3:髪の根っこをととのえる
イキイキとした髪をはぐくむ頭皮を、清潔にととのえるケアが大切。注目したいのは、適度に保湿をしてくれる「植物エキス」の入ったシャンプーやケアアイテムです。
ケア4:体の中から美しく!
ゆっくり眠って、生活リズムをととのえることがすべての美しさのみなもと。食事も、食べすぎやのみすぎ、かたよりがないように気をつけて。髪のもとになるタンパク質をとることがポイントです。

とはいえ、忙しい大人女性にとってはなかなかむずかしいもの。「●時になったから寝なきゃ!」「●●を食べなきゃ!」などとムリすることなく、ストレスにならない範囲でこころがけていきましょう。
ケア5:心身のリラックスですこやかに美しく
緊張やストレスによって血行が悪くなり、細毛や抜け毛・脱毛につながることも。バタバタするときこそ休憩をとったり、ココロとカラダをほぐすストレッチを!リラックスできる時間をつくってみましょう。