「ビスコッティ」って知ってる?イタリア伝統のお菓子はナッツやドライフルーツアレンジで美容にもおいしい♪

ライフスタイル
「ビスコッティ」って知ってる?イタリア伝統のお菓子はナッツやドライフルーツアレンジで美容にもおいしい♪イタリアの代表的な焼き菓子、ビスコッティ。かためでザクザクした食感が特徴です。最近では、輸入食品をあつかうスーパーやコンビニでも手にすることができ、お家で手づくりする人も増えています。ナッツやドライフルーツを加えてアレンジすれば、美容にもうれしいスイーツに。

ビスコッティってどんなお菓子?

名前の由来は、「ビス=もう1度」「コット=焼く」というイタリア語。生地をオーブンで焼き、一度取り出して一口サイズにカット。そしてもう一度オーブンで焼いて完成するという、一風変わった作り方を表現したものなのです。
オーブンで二度焼くことで水分がなくなり、独特のハードな食感が生まれます。普通のクッキーよりも日持ちするため、保存食の役目もあったと言われます。

ビスコッティの食べ方いろいろ

そのまま食べるときは、歯ごたえを楽しみながら、じっくり時間をかけて。少しの量でも満足感が倍増しそうですね。
本家イタリアでは、コーヒーやエスプレッソにつけていただくのがオーソドックスな楽しみ方。また「ヴィン サント」と呼ばれる甘口のワインにひたすのも◎

ナッツやドライフルーツで美容にも健康にもおいしく!

いちばんシンプルなのは、薄力粉・砂糖・卵・オリーブオイルでつくるビスコッティ。材料を混ぜ合わせ、生地を1つにまとめてオーブンへ。20分ほど様子を見ながら焼いたら、粗熱をとって1cmくらいの厚さにカット。そしてもう一度オーブンで約20分焼き上げます。

生地をつくる時に、ナッツやドライフルーツなどをプラスすれば、美容にも健康にもおいしいスイーツに。今回は、アレンジにオススメの食材をご紹介します。

レーズン
カラダの調子を整える働きを持つカルシウムやマグネシウム、貧血予防に積極的にとりたい鉄分、腸の働きをサポートする食物繊維がたっぷり。
ドライイチジク
ザクロエラグ酸、アントシアニンなどのポリフェノール類が豊富。抗酸化作用が高く、美肌やアンチエイジングにチカラを発揮することが知られています。
ドライクランベリー
クランベリーに含まれるキナ酸という成分は、膀胱炎や歯周病の予防にチカラを発揮します。
アーモンド
抗酸化作用を持つビタミンE、悪玉コレステロールの減少をサポートするオレイン酸が多く含まれています。
くるみ
良質なタンパク質、血行をよくするα-リノレイン酸、代謝を促進するビタミンB群、ミネラルがたっぷりのくるみ。髪やお肌の生まれかわりをサポートするチカラがあります。
ゴマ
ゴマには、すぐれた抗酸化作用を持つセサミンやビタミンEがたっぷり。肌あれやシミ、シワなどを予防すると言われています。
きな粉
良質なタンパク質、亜鉛や鉄などのミネラルが豊富。とくに亜鉛は、髪の成長に欠かせないので、美髪づくりに積極的にとりたいものです。
ココア
ココアの原料となるカカオには、抗酸化作用を持つカカオポリフェノールが含まれています。お肌のシミやシワを予防することが知られています。

ハードな食感だから少しの量でも満足感があり、ダイエット中の間食にもぴったり。また、手づくりビスコッティをチョコレートなどでデコレーションしたり、かわいくラッピングしてプレゼントするのもステキですね♪

あなたもビスコッティと一緒に、楽しく、おいしく、美しい毎日を!