春のムズムズに負けるな!今日からはじめる「菌活」のススメ

ヘルスケア
春のムズムズに負けるな!今日からはじめる「菌活」のススメ春到来!暖かな陽気や新生活にワクワクする一方で、目や鼻のムズムズにお悩みの方にはツラ〜い季節。メガネやマスクを着けたり、ティッシュペーパーをたくさん持ち歩いたり・・・なんだか外出がおっくうになりますよね。今回は、そんなつらいムズムズと関係する「菌活」についてご紹介します。

カラダの司令塔「腸」をサポートする「菌活」?!

「腸」は、食べ物の消化・吸収だけでなく、カラダ全体の「免疫」に関わっていることをご存知ですか?近年では、全身の免疫を司る細胞の約6割が腸に存在しており、季節によるムズムズとも深い関係があることが知られるようになりました。腸内の環境をすこやかに整えることが、不快な季節を少しでもスッキリ過ごすためのポイントと言えそうです。

腸内環境を整えるポイントは、「善玉菌」を増やすこと。今回は善玉菌を取り入れたり、善玉菌の働きをサポートするための「菌活」のポイントをご紹介します。

菌活ポイント① 今日からできる「ヨーグルト習慣」

今日からでも手軽にはじめられるのが、毎日1回ヨーグルトを食べる「ヨーグルト習慣」。カラダに善玉菌を取り入れてあげることで、腸内の環境をすこやかにサポートします。

あなたにぴったりのヨーグルトを見つけよう!
乳酸菌には様々な種類があり、それぞれに人の体にもたらすメリットが異なります。また、食べる人の体質によっても得られる効果が異なってくるため、自分に合ったヨーグルトを見つけることが大切です。1種類のヨーグルトを、1日200g程度ずつ約1週間食べ続けて、カラダの変化をチェックしてみましょう。

菌活ポイント② 和食メニューで「発酵食品」を取り入れよう

和食によく使われる食材や調味料は、微生物などの力で「発酵」させたものが多いのが特徴。納豆やお漬け物、みそやしょうゆなどはすべて、発酵の過程を経て生み出されています。これらの食品には、乳酸菌が豊富に含まれたものや、腸内の環境を整えて善玉菌の働きをサポートするものも。毎日の献立におみそ汁をプラスしたり、お弁当にお漬け物を入れるなど、食事に和のエッセンスを加えてみましょう。

菌活ポイント③ ネバネバ野菜で腸イキイキ

オクラ、れんこん、モロヘイヤ、なめこなどのネバネバした食材には、「ムチン」と言われる成分がたっぷり。この成分は、腸を刺激や細菌から守ってくれると言われています。毎日の食事に積極的に取り入れてみましょう。

菌活ポイント④ 運動も大事!

激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなどが有効。これらは、腸のぜん動運動を支える「腸腰筋」や「大腰筋」を鍛え、老廃物の排出をスムーズに。カラダに不要なものをしっかり出し切ることは、腸内の環境の改善をサポートすることにつながります。
運動はニガテ・・・という人も、通勤時に1駅分だけ歩いてみたり、なるべく階段を使うなど、カンタンな習慣から始めてみましょう。

今回ご紹介した「菌活ポイント」は、どれも続けることが大切!日々の積み重ねで、ムズムズに負けない春を過ごしましょう♪

コチラの記事もおすすめ!
「美人は美腸!ココロとカラダをきれいにしたいなら《腸活》はじめましょ♪」
http://biscotti-life.jp/2017/01/18/health-care05/

※効果には個人差があります。アレルギーなどがある方は医師等にご相談ください。