ケアしているのに・・・気がつくとできてしまう「枝毛」を防ぐ4つのポイント

髪ラボ
ケアしているのに・・・気がつくとできてしまう「枝毛」を防ぐ4つのポイント髪の毛を伸ばしていると悩むことが多い「枝毛」。ヘアアレンジをしても毛先がうまくまとまらず、パサパサしたイメージに見えることも。このお悩みの原因は、毎日のケアや生活習慣に隠されているんです。原因と正しいケア方法を知って、毛先まで美しい髪を目指しましょう!

そもそも「枝毛」って?

枝毛は、髪表面のキューティクルが剥がれ、髪内部の水分が奪われることで生じます。
髪内部の水分が蒸発してしまうと、髪の繊維が裂けて枝毛となります。

あなたはやってない?こんなことが「枝毛」の原因・・・

  • よくカラーやパーマを繰り返している
  • すっきりした洗い心地が好きで、洗浄力が強いシャンプーを使っている
  • 洗髪後のタオルドライのとき、ゴシゴシ髪をこすっている
  • 洗髪後、髪を十分に乾かさないまま寝てしまう
  • 毎日睡眠不足ぎみ・・・
  • ムリな食事制限や外食続きなどで、栄養バランスが偏っている

髪を洗う時に気をつけたい!枝毛を防ぐ4つのポイント

ポイント1:シャンプー前にブラッシングを
髪がもつれたまま無理に洗髪をすると、髪に負担がかかり、枝毛の原因になることも。シャンプーの前にはやさしくブラッシングをして、もつれやか絡まりをほどいておきましょう。
ポイント2:タオルドライはこすらずが基本!
洗髪後にタオルドライをするとき、ゴシゴシこするのはNG!ダメージにつながります。やさしくタオルではさみこんで、水分をとりましょう。
ポイント3:シャンプー後はしっかり髪をドライ!
洗髪、タオルドライ後、髪をしっかりと乾かさないまま寝ると、濡れた髪がこすれあってダメージにつながることも。洗い流さないタイプのトリートメントを使うなどして、髪へのダメージを減らしながら、十分にドライヤーで乾かすようにしましょう。
また、ドライヤーは髪から20cm程度離して使いましょう。
ポイント4:バランスのよい食事を
美しさはカラダの内側から。ムリな食事制限をともなうダイエットや、暴飲暴食を避けて、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。特にお肉やお魚などから髪の材料になる良質のタンパク質を、野菜や海藻からビタミン・ミネラルを、バランス良く摂るように意識しましょう。

それでも枝毛ができてしまったら・・・

ケアしていてもできてしまった枝毛、あなたはどうしていますか?
枝毛を見つけたときは、「裂けている部分から3cm程度上の部分をハサミで切る」のが正解!裂いてしまうと、髪がまとまりにくくなってしまいます。

正しい予防&対策で、毛先まで美しい髪を目指しましょう!