夏には夏のヘアケアを!美髪のための海水&紫外線対策

髪ラボ
夏には夏のヘアケアを!美髪のための海水&紫外線対策夏といえば「海」!透き通ったエメラルドグリーンの海と白い砂浜が広がる海岸沿いの街でゆったりバカンス…そんな夏休みを一度は過ごしてみたいものですよね。
例えば、アメリカ・フロリダ州に位置する、最南端の主要都市「マイアミ」。緯度は沖縄の那覇とほぼ同じで、温暖な気候が続くリゾート地です。観光地として有名なのが「マイアミビーチ」。海と砂浜のコントラストが美しいこのビーチは南北に16km続き、世界中の観光客が集まります。

一度は行ってみたい!
常夏リゾートの定番「マイアミ」

ビーチの周辺にはオシャレな飲食店やカフェが広がります。夕暮れにはこんなムードたっぷりの風景も。

夏には夏のケアを!

ビーチで過ごす時間、お肌は日焼け止めを塗るなどしっかりケアしていても、意外と見逃しがちなのが「髪」や「頭皮」のケア。「気づいたら髪がパサパサ」「髪の分け目の頭皮が真っ赤」など、髪や頭皮のトラブルで悩んだ経験がある人は多いのでは?海外旅行はもちろん、海水浴、キャンプ、バーベキュー、音楽フェスなど、野外でのイベントが満載の季節。楽しい時間の後も美しい髪をキープするために、今年は万全の予防とアフターケアを!

まずは知ることから!
「海水」の髪への影響

海水がついたまま放置すると、髪を構成する「ケラチン」というタンパク質が髪の外側へと溶け出したり、凝固する原因に。その結果、髪はギシギシと硬くなって弾力を失ってしまいます。
また、海水に含まれる塩分によって髪の水分が失われて、乾燥や切れ毛を引き起こすことも・・・

海を思いっきり楽しむための
ヘアケアのポイント

海に行く前に
海で遊ぶときは、なるべく髪が海水に浸からないように心がけるのがベター。お団子ヘアや高い位置でのポニーテール、三つ編みなどのアレンジを取り入れてみましょう!
海水浴の後は
海で楽しい時間を過ごしたあとは、必ず髪を洗い、海水を残さないことが大切!
シャワーで十分に海水を洗い流したあとに、シャンプーで汚れを落としていきます。シャンプー後は、洗い流すタイプ&洗い流さないタイプのトリートメントを使って髪を保護しておくこともポイント。

夏に気になる「紫外線」にも注目!

海水だけでなく、夏に気になるのが「紫外線」の影響。紫外線を大量に浴びると肌が日焼けするように、髪や頭皮にも日焼けが起こります。

髪への影響
髪を形成するタンパク質が変性し、髪表面のキューティクルがはがれやすい状態になり、さまざまな症状を引き起こすことがあります。
ヘアカラーの褪色、髪色の変化
切れ毛や枝毛
うるおいがなくなる
パサつきやゴワつき
ツヤが失われる
強度の低下
抜け毛が起こりやすくなる    など
頭皮への影響
頭皮は健康な髪を育む土台部分。頭皮にトラブルが起きると、髪の成長に影響を与えることも・・・
頭皮が赤く炎症が起きる
頭皮が乾燥する
頭皮が硬くなる
頭皮がめくれる
皮脂が過剰に分泌される     など

真夏の太陽に負けない!
髪の紫外線対策

髪の分け目を変える
髪の分け目部分の頭皮は、紫外線を集中して浴びてしまいます。こまめに分け目を変えることで、日焼けを防ぐことができます。
日傘や帽子を使用する
外出の際は日傘や帽子で紫外線を避けましょう。髪全体を紫外線から守ることができる、つばの広い帽子がおすすめです。また、まとめ髪をすることで、紫外線が当たる面積を小さくすることが出来ます。
生活習慣を整える
体の外側からのケアだけでなく、体の内側から修復をサポートすることも大切。健康な髪の成長環境を保つために、普段から栄養バランスのとれた食事や睡眠をしっかりととることを心がけましょう。

そして何より大切なのが、
正しいシャンプー&トリートメント!

夏のダメージを受けてしまった髪や頭皮は、過度な刺激を与えずやさしく洗って、清潔な状態を保ちましょう。洗浄力が強すぎるシャンプーや、熱過ぎるお湯の使用は避けて、髪と頭皮に必要なうるおいを残すようにしましょう。

こちらの記事にも注目!
【髪の専門家が教える!】正しいシャンプーの方法、知ってますか?
http://biscotti-life.jp/2016/10/03/hair-lab01/
\マイアミの風を感じながらヘアケア!/
シーズントリップサマー
http://www.ford-beauty.co.jp/seasontrip/summer/