花火大会、夏祭り!浴衣美人になるための着付け&着崩れ防止のポイント

ライフスタイル
花火大会、夏祭り!浴衣美人になるための着付け&着崩れ防止のポイント夏といえば、花火大会、お祭り!浴衣を着ていきたいけれど、「着付けがきちんとできるかな?」「着崩れしないかな?」「そもそも何を準備すればいいの?」などのお悩みは尽きないもの。そこで今回は、浴衣でのおでかけの入門編として、準備するものや着付けの流れ、着崩れしないポイントをご紹介します。

まずは準備するものを確認!

浴衣と帯
まずは欠かせない、浴衣と帯を準備!お気に入りを見つけましょう。
最近では洋服を扱うショップで、浴衣や帯、小物類をセットで販売していることも。レトロなデザインから、トレンドを取り入れたものまでバリエーションも豊富です。
浴衣用肌着
専用肌着を着ることで、衿元などが美しく整い、快適に過ごせます。洋服用のタンクトップやキャミソールスリップでも代用可能です。
腰ひもと伊達締め
最低限準備するのは、腰ひも2本と伊達締め1本。最近ではマジックテープのついた伊達締めや、腰ひも代わりの伸縮ベルトも登場。
自分の体型や着付けのしやすさに応じて、ぴったりのものをお店の人に相談してみましょう。
バックや下駄、ヘアアクセサリーなどの小物
浴衣と同系色で組み合わせたり、あえて差し色を取り入れてみたり・・・細かいアレンジや、色合わせを楽しみましょう。

あると便利①:帯板
帯の前側を、真っすぐに整えることができます。
あると便利②:フェイスタオル
細身の人はウエスト部分にタオルを巻いておくと、仕上がりのシルエットがキレイに見えます。

着付けの流れをカンタンにチェック!

まずはメイク&ヘアセット
着付けの前に、メイクとへアセットを済ませておきましょう。
浴衣用肌着を着る
いよいよ着付けのスタート!補正のためにタオルを巻く場合は、この時に。
浴衣を羽織って腰ひもを締める
浴衣を羽織って、左右の衿を持ち、丈の長さを調整しながら前であわせ、1本目の腰ひもを締めます。自分から見て、左側の衿が上になるようにあわせましょう。その後、衿もとやおはしょりなどを整えて、2本目の腰ひもで締めます。

※おはしょりとは、腰のところで着丈に合わせて調整した部分のことを言います。
伊達締めで整える
腰ひもの上から、伊達締めを巻いていきます。
帯を締める
帯の結び方はバリエーション豊富。初心者には、オーソドックスな「文庫結び」や、かわいらしい「蝶結び」がおすすめです。

こんな時どうする?
浴衣の着崩れを防止するポイント!

歩き方
「背筋を伸ばし、普段よりほんの少しだけ歩幅を小さく」が、浴衣でスマートに歩くポイント。右手で浴衣の端、太ももよりやや上のあたりを押さえると、裾のめくれや着崩れを軽減できます。
階段の上り下りの際は、裾を少しだけ持ち上げて歩きましょう。
車に乗る時
普段とは逆向きに乗ることが、着崩れないポイント!まず座席に腰掛けてから、両足をそろえて車内へ。洋服を着ている時のように頭側から乗り込むと、裾が広がってしまうことも・・・
また背もたれで帯を崩さないために、浅く座り、背筋を伸ばすことを意識することも大切!
お手洗いにいく時
浴衣と肌着の裾を腰まで持ち上げ、帯の上部にはさみます。ヘアクリップ等を準備しておくと、着崩れを心配せず、カンタンに留めることができます。裾を下ろす時は、そっと下ろしましょう。

花火大会や夏祭りはもちろん、浴衣を着ている人だけオトクに楽しめる夏のイベントも増えています。浴衣を着ると自然とテンションが上がり、何となく背筋をピンと伸ばしたくなるもの。お気に入りの浴衣と、ステキな振る舞いで、特別な時間を過ごしましょう♪