残暑の夏バテ対策に救世主!「夏野菜」で暑い毎日を元気に

ヘルスケア
残暑の夏バテ対策に救世主!「夏野菜」で暑い毎日を元気に暦の上は秋ですが、まだまだ暑さの続く時期。「なんだか食欲がない」「体がだるくて・・・」「何となくやる気がしない」など、「夏バテ」の症状に悩まされていませんか?そんな時に注目したいのが「夏の緑黄色野菜」たち。旬を迎えるカラフルなお野菜たちには、夏バテを予防するために必要な栄養素がたっぷり!色鮮やかで、食卓もパッと明るくなりますよ!

夏野菜は夏バテ予防の救世主!

トマト
生活習慣病の予防や美肌づくりに効果的な「リコピン」が豊富。また、免疫細胞を活性化させると言われる「β-カロチン」、暑さや疲れからくるストレスを抑制してくれる「ビタミンC」もたっぷり含まれています。
ピーマン
夏カゼ予防に欠かせない「ビタミンC」、血行をよくする「ビタミンE」が多く含まれるピーマン。これらは特に、赤ピーマンに多いと言われます。
ナス
ナスは体を冷やしてくれる野菜と言われています。利尿作用のある「カリウム」が、体内にこもった熱を排出します。
オクラ
ネバネバのもとである「ムチン」が、おつかれ気味の胃腸を保護。また、タンパク質の消化を助けます。お肉やお魚などと一緒に摂ると◎!
キュウリ
むくみ予防や利尿作用のある「カリウム」が豊富。冷たいものの摂りすぎによるむくみが気になる時に、積極的に摂りたい野菜です。

ほどよい酸味が食欲を刺激!
「焼き野菜のマリネ」のレシピ

今回は、ビタミンC&Eたっぷりのカラーピーマンや、体にこもった熱を排出してくれるナスを使った、「焼き野菜のマリネ」のレシピをご紹介します。ワインビネガーの酸味が食欲を刺激するから、暑さで食欲がない日にも◎!野菜とお肉をバランスよく摂れる一品です。

<2人分の材料>

・とりもも肉
150g
・塩
小さじ1/8
・たまねぎ
1/2個(横半分100g)
・赤ピーマン(大)
1/2個(150g)
・黄ピーマン(大)
1/2個(150g)
・なす
1個(70g)
・にんにく
1片(10g)
・白ワイン
大さじ1
・オリーブ油
大さじ1

<A>

・塩
小さじ1/8
・こしょう
少々

<マリネ液>

・ワインビネガー(白)
大さじ3
・白ワイン
大さじ1
・ローリエ
小1枚
・オリーブ油
大さじ1

作り方

  • ①たまねぎは5~6mm厚さの輪切りにし、2~3つずつにばらばらにします。ピーマンは種をとり、8つずつに切ります。なすは1cm厚さの輪切りにします。にんにくは薄切りにします。
  • ②<マリネ液>の材料を合わせます。
  • ③とり肉はひと口大のそぎ切りにし、塩をふります。
  • ④フライパンにオリーブ油大さじ1/2を温め、肉を入れて中火で焼き、焼き色がついたら裏返し、なすを加えて一緒に両面に焼き色がつくまで焼きます。ワイン大さじ1/2を加えてふたをし、1~2分蒸し煮にします。とり出して、②のマリネ液につけます。
  • ⑤フライパンの油をペーパータオルでふきとり、オリーブ油大さじ1/2とにんにくを入れて温めます。香りが出たら、残りの野菜を入れて、中火で1~2分いためます。<A>とワイン大さじ1/2を加えてふたをし、弱火で1分ほど蒸し煮にします。マリネ液に入れ、30分ほどつけます。

▼レシピ提供:ベターホームのお料理教室
 http://www.betterhome.jp
(料理写真:大井一範)

旬のお野菜を取り入れて、暑い毎日を元気に乗り切りましょう!