食べすぎちゃった…のあとに気をつけたい!かしこいリセット習慣

ヘルスケア
食べすぎちゃった…のあとに気をつけたい!かしこいリセット習慣「ダイエット中なのについつい食べすぎて後悔...」という経験はありませんか?
けれど、おいしい食事やスイーツを食べたり、楽しい時間を満喫することは、心のデトックスにも必要不可欠ですよね。今回は、かしこく無理なくスッキリボディをキープする"スッキリ習慣"を学びましょう。「楽しむ時は楽しむ!頑張る時は頑張る!」というメリハリが、スッキリボディの秘訣です。

まずは正しい知識を!

翌日の体重増加は”一時的”なもの
食べすぎた翌朝、体重計に乗って後悔…という経験がある人は多いのでは?しかし、食べたものが体脂肪となって蓄積されるのは、数日〜数週間後と言われます。それまでにしっかり対策をすることが大切です!
数日間・一週間単位で食事を見直す!
食べすぎたな…と思ったら、翌日無理な断食をするのではなく、”数日間単位”での食事の調整が有効!「揚げ物や甘い物をたくさん食べたから、数日間は控える」「お肉料理が多かったから、お魚料理を多めにする」「野菜が少なかったから、積極的に食べる」など、数日間・一週間単位で食べるもののバランスを整えていきましょう。
しっかりと水分補給
食べすぎたあとには、お水やお茶など糖分の含まれない飲み物でしっかりと水分補給を!体重が増えるからといってガマンするのはNG。むくみの予防や排出をスムーズにするために、適度な水分補給が必要不可欠です。
冷たすぎる飲み物をたくさん飲むと、胃腸の負担になります。常温や温かいものを飲むようにしましょう。

食べすぎをなかったことに?!
積極的に摂りたい栄養素3選

排出をスムーズに!食物繊維
お腹の調子を整え、排出を助けてくれる「食物繊維」を積極的に摂りましょう。食物繊維には、水に溶けず胃腸の中で水を吸収して膨らむ「不溶性」と、水に溶けるとドロドロとしたゲル状になる「水溶性」のものがあります。海藻類、豆類、きのこ、野菜などから、「不溶性」「水溶性」の両方をバランスよく摂ることが大切です。
むくみ予防!カリウム
摂りすぎた塩分や水分の排出を助けてくれるのが「カリウム」。納豆、アボカド、キウイ、グレープフルーツ、パセリなどに豊富に含まれます。
特に、濃いめの味つけのものを食べたときは、むくみ予防にもなりますので意識して摂りたい成分です。
代謝アップに欠かせない!ビタミンB群
糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、脂質をエネルギーに変えるビタミンB2、タンパク質の分解・合成に関わるビタミンB6も積極的に摂りましょう。それぞれ次のような食材に含まれています。
ビタミンB1:にんにく、豚肉、玄米など
ビタミンB2:レバー、納豆、卵、うなぎなど
ビタミンB6:バナナ、レバー、カツオ、大豆製品など

“運動”はやっぱり大切!

“ちょっとした運動”の積み重ね
食べすぎた翌日にあせって激しい運動をするのではなく、日頃から体を動かす習慣をつくっておきましょう。1駅歩いて出社する、寝る前に軽いストレッチをする、エスカレーターではなく階段を使うなど、1つ1つは小さいように見えても、数日間きちんと積み重ねることが大切。無理をしないことが、「翌日もちょっとだけ頑張ろう」という気持ちにもつながります。

いつもいつも「ダイエット中だから」「体重が気になるから」とセーブするのではなく、楽しい時間は存分に楽しんで、その前後できっちり調整するのが◎!メリハリをつけることが、継続のカギです!