朝の洗顔を見直そう!自分に合った洗顔方法が美肌をつくる?!

ヘルスケア
朝の洗顔を見直そう!自分に合った洗顔方法が美肌をつくる?!毎日行う洗顔。洗顔料を見直したり、その後の化粧水や乳液などのスキンケアについて見直すことはあっても、洗顔の「方法」については深く考えたことがなかったという人は意外と多いかもしれません。肌のタイプや悩みは人それぞれ。基礎化粧品にこだわって、種類やラインナップを変えるように、洗顔の「方法」をあなたにぴったりのものにすることで、健康美肌を目指してみませんか?

「朝」の洗顔の役割って?

寝ている間に分泌された皮脂や汗を落とす
人は眠っている間にも、コップ1杯分の汗をかくと言われています。特にTゾーンやあごは、皮脂の分泌が多いパーツです。皮脂の膜は肌をバリアする機能を持ちますが、古くなった皮脂を放っておくと、酸化した皮脂が肌荒れやメイク崩れの原因になることも。朝の洗顔では、適度に除去してあげることが大切です。
ほこりや汚れを洗い流す
分泌された皮脂や汗で皮ふ表面にベタつきがあると、枕やシーツについたほこりやゴミが顔につきやすくなります。清潔さ保つためにも、自分にあった方法での洗顔が必要です。

洗顔料・水・ふき取り…
お悩みに合わせて洗顔方法を選ぼう!

ベタつきが気になる人は「洗顔料で洗う」
朝起きた時、顔のベタつきが気になる人は洗顔料を使っての洗顔を。たっぷり泡を作り、その泡を顔で転がすようにして洗いましょう。時間のない朝ですが、洗顔ネットを使ったり、泡で出るタイプの洗顔料を上手に利用しましょう。季節や肌の状態によって、さっぱりタイプとしっとりタイプなど洗顔料をチェンジするのがベターです。
乾燥が気になる人は「水 or ぬるま湯だけで洗う」
洗顔料を使わず、水やぬるま湯でサッと洗いましょう。熱すぎるお湯は、必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまうと言われているので要注意!洗顔後は、清潔なタオルでおさえるようにして水分をとりましょう。
乾燥が気になる人は「ふき取り洗顔」
「ふき取り専用化粧水」をしみこませたコットンや、「蒸しタオル」で軽くふき取りましょう。ふき取る時はゴシゴシこすらず、やさしくなでるように行うのがポイント。

「夏は洗顔料を使ってさっぱりと洗い、冬はぬるま湯で洗う」など、季節によって使い分けたり、その時の自分の肌悩みに応じて方法を変えていくのが◎。何日間か試してみて、しっくりきた方法を取り入れてみましょう。