脱・カサカサ唇!うるうるリップを目指そう

ヘルスケア
脱・カサカサ唇!うるうるリップを目指そう乾燥の季節になると気になる、唇のカサカサ・ヒビ割れ。唇がガサガサしていると、口紅やグロスがうまくのらなかったり、何となく疲れて見えてしまう原因にもなります。また、皮ムケで痛みが出てつらい経験をしたという人も多いのでは?今回はそんなお悩みを軽くする、ちょっとした心がけやケアを紹介します!

唇はデリケートなパーツ

唇はもともとデリケートなパーツ。他の部分と比べてとても薄い皮ふで構成され、ダメージを受けやすいことが特徴です。また、皮脂や汗を分泌する皮脂腺・汗腺がないので、バリアのような役割を果たす皮脂膜ができません。そのため外的・内的なさまざまな影響を受けやすく、お悩みが起こりやすいのです。

唇の乾燥・ガサガサを放っておくと…

次のようなつらい症状を引き起こす前に、原因を知り、ケアを取り入れてあげましょう

  • ▶皮がむける
  • ▶ヒビ割れができる
  • ▶シミができやすくなる
  • ▶口角炎などのトラブルが起こりやすくなる

唇が荒れる原因は?

外気の乾燥
唇荒れの原因で最もよく知られているのは「空気の乾燥」。湿度がぐんと下がる寒い季節、暖房を使うことでさらに空気は乾燥。唇が荒れやすくなります。
カラダの不調ともリンク
肌の荒れと同様、栄養バランスが偏っていたり、胃腸の不調、体の冷えなどでも、唇の荒れが起こりやすくなります。
クセや嗜好品も原因に
唇をなめたり、噛みしめるクセがある人や、タバコを吸う人、刺激のある食べ物をよく食べる人も、唇の荒れが生じやすいことがあります。

その他にも、紫外線によるダメージ、クレンジングや洗顔で擦り過ぎていること、リップクリームや口紅の成分があっていないことも原因になります。

小さな積み重ねでうるうるリップに

自分にあったリップクリームでケア
やっぱり基本は、早急にリップクリームでケアすること!うるおいバリアを作って、ターンオーバーをサポートしてあげましょう。「リップクリームを塗っているのに、なんだか荒れがおさまらないな」という時は、もしかしたら自分の唇にリップクリームがあっていないのかも。他の種類を試すなどの対策を!
加湿器で乾燥対策
空気の乾燥は、唇の大敵。特に暖房を使う時には、こまめに加湿器を使いましょう。寝る時にはマスクをするのも◎
ビタミンを積極的に摂る
荒れが気になる時に、特に注目したいのが「ビタミンB2」。皮ふや粘膜の細胞の再生に関わるビタミンで、レバー・納豆・卵などに豊富です。そのほかにも、マグロやバナナに多い「ビタミンB6」、緑黄色野菜やフルーツに豊富な「ビタミンC」も積極的に摂りましょう。
ゴシゴシ擦るのはNG
デリケートな唇にとっては、クレンジングの際に擦ったり、食事の後にティッシュで口を拭ったりすることも大きな負担。なるべくやさしくを心がけて!
規則正しい生活を
肌荒れと同じで、疲れや睡眠不足、ストレスなどで症状がひどくなることも。バランスのよい食事や睡眠時間の確保、ストレス解消を心がけていきましょう。

毎日のスキンケアにプラス!簡単リップパック

お家にあるものを使ってできる簡単リップパックを、スペシャルケアとして取り入れてみましょう。

CARE STEP1:手持ちのリップクリームやオイルを唇になじませる
普段よりたっぷりとやさしく、リップクリームやオイルをなじませましょう。ヨコ塗りだけでなく、タテ塗りをして、唇のしわにも行き渡らせましょう。
CARE STEP2:ラップを乗せて5~10分待つ
唇よりひとまわり大きめに切ったラップを貼り付けてパック。口が覆われて気になる人は、上唇と下唇に分けてラップを貼りましょう。

血行がよくなっているお風呂上がりがおすすめです。ホットタオルで唇をあたためてあげても◎。メイクや汚れをやさしく落とした後に行いましょう。